船種紹介

船種紹介

セメント運搬船

F-1310 9,600DWT

効率的にセメントを輸送できるよう、ばら積み可能な設計がされており、ベルトコンベア方式・圧送式の自動荷役装置を装備されているのが特徴です。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
F-1310 9,600/6,900 106.0×23.8×9.0 2016
F-1305 9,600/6,900 106.0×23.8×9.0 2015
F-1302 9,600/6,900 106.0×23.8×9.0 2014
F-1298 9,600/6,900 106.0×23.8×9.0 2014
F-1175 4,500/3,200 102.0×15.2×7.5 1993
F-1171 7,900/4,999 105.0×18.0×9.3 1992
F-1156 7,450/4,990 105.6×18.0×9.3 1990
F-1079 4,300D/W 89.6×14.5×6.9 1980
F-1018 6,500D/W 102.73×16.6×8.4 1974
F-1022 3,750KT 85.5×13.0×6.95 1973
F-1017 1,000G/T 62.5×10.5×5.1 1972

油槽船

F-1297 5,000KL

原油や製油所で精製された石油製品を輸送します。重油、原油等を積載する油槽船は黒油タンカーとも呼ばれ、ガソリン、灯油、軽油等を積載する油槽船は白油タンカーと呼ばれています。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
F-1301 5,450/3,700 98.0×15.5×8.5 2014
F-1297 5,450/3,700 98.0×15.5×8.5 2012
F-1296 5,450/3,700 98.0×15.5×8.5 2012
F-1132 4,980/3,340 99.5×15.0×7.5 1987
F-1131 4,980/3,260 93.0×15.8×7.85 1987
F-1130 4,980/3,290 99.5×15.0×7.5 1987
F-1101 8,000/4,450 102.5×17.0×9.4 1982
F-1100 5,250/2,990 98.0×15.50×7.7 1982
F-1070 5600D/W 106.6×15.4×7.8 1978

LPG運搬船

F-1300 3,500㎥

液化した石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)を専用に輸送するため、特殊鋼により製作されたタンク構造を持っているのが特徴です。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
F-1300 3,000/3,000 89.5×15.0×7.0 2014
F-1197 3,700/4,500 92.9×18.2×7.8 1997
F-1187 3,000/3,450 88.5×16.6×7.1 1995
F-1185 3,000/3,450 88.5×16.6×7.1 1995
F-1158 3,000/3,400 89.5×16.0×7.2 1990
F-1112 1,500/2,000 72.5×13.5×6.0 1984
F-1097 4,100/4,200 96.8×17.6×7.7 1983
F-1098 4,100/4,200 96.8×17.6×7.7 1982
F-1009 1,200G/T 63.0×10.5×5.4 1972

アスファルトタンカー

N-2060 4,990DWT

石油製品であるアスファルトは約175℃という高温に加熱溶融した状態での輸送が求められ、防熱材を多用した魔法瓶のような貨物タンク構造となっているのが特徴です。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
N-2060 4,990/4,600 99.0×18.0×8.0 2014

多目的貨物船

N-2055 20,000DWT

多種多様な貨物の種類に対応できるよう、船倉が一層にも二層にもできるよう設計され、大型の倉口と大型のデッキクレーンを装備しているのが特徴です。プラント・重量物・鋼材といった工業製品が主要貨物となります。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
N-2055 20,000/15,700 136.0×25.0×16.0 2012
F-1181 7,000/2,800 96.0×18.5×12.5 1994
F-1165 9,200/4,050 114.0×20.4×13.5 1992
F-1161 9,200/4,050 114.0×20.4×13.5 1991

バルクキャリア

N-2052_33,000DWT

梱包されていない石炭、鉄鉱石、穀物(小麦・大豆・トウモロコシ)、製紙原料(チップ)といった乾貨物(ドライカーゴ)を輸送します。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
N-2053 33,000/21,500 172.0×28.2×14.4 2012
N-2052 33,000/21,500 172.0×28.2×14.4 2012

冷凍運搬船

F-1206 510,000cft

冷凍装置を備えた貨物倉を使用し、フルーツなど温度湿度にデリケートなものを管理しつつ、高速で輸送できる運搬船です。

SNo. cft/GT LxBxD(m) Delivery
F-1206 510,000/4,400 135.4×22.2×13.0 1999
F-1193 510,000/4,330 134.0×22.2×13.0 1997
F-1173 430,000/4,920 127.4×20.2×10.5 1993
F-1172 420,000/4,700 126.0×20.2×10.5 1993
F-1168 295,000/3,650 110.0×18.6×10.25 1991
F-1163 270,000/4,950 109.7×17.8×10.02 1991
F-1160 295,000/3,650 110.0×18.6×10.25 1991
F-1159 230,000/4,700 108.0×18.3×10.2 1991
F-1154 220,000/4,700 99.0×18.2×8.1 1990
F-1138 185,000/4,400 99.0×18.2×8.1 1989
F-1133 180,000/4,100 99.0×18.2×8.1 1988
F-1128 250,000/4,990 109.7×17.8×10.0 1986
F-1127 250,000/4,990 109.7×17.8×10.0 1986
F-1125 110,000/1,400 86.0×13.8×8.2 1986
F-1122 280,000/3,050 109.7×17.8×10.1 1985
F-1117 175,000/4,000 102.0×16.2×9.8 1985
F-1105 230,000/4,500 105.0×18.0×9.9 1984
F-1103 230,000/4,500 105.0×18.0×9.9 1983
F-1095 230,000/4,100 99.0×17.2×10.0 1982
F-1093 220,000/3,700 99.0×17.2×10.0 1982
F-1092 220,000/3,700 99.0×17.2×10.0 1982

ローロー船

F-1179 1,540GT

ロールオン・ロールオフ船の略称。トレーラートラックをそのまま積み込み、コンテナや日用雑貨などの輸送を効率的にできるよう設計された船です。それゆえ大型化、高速化も行なわれ、物流経済の一翼を担っています。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
F-1200 4,120/6,715 123.0×21.4×8.9 1997
F-1179 1,783/1,540 98.0x17.0x8.5 1994
F-1157 3,014/4,990 110.0×18.4×8.4 1990
F-1102 2,981/3,000 101.8×17.2×7.35 1983
F-1072 4,533/4,000 110.0×17.6×8.4 1979

フェリー

F-1139 2,800GT

島国日本にとって、もっとも日常生活に密着した船だと言えます。人と車そして物を同時に運び、快適な移動手段として、また離島などの生活を支えるため、全国津々浦々で活躍しています。

SNo. DW(t)/GT LxBxD(m) Delivery
F-1152 1,300/3,600 105.0×20.2×7.00 1989
F-1139 1,500/2,800 104.0×18.2×11.7 1989
F-1137 40/145 27.0×7.10×2.85 1988
F-1123 3,400/4,990 110.0×22.0×14.95 1986
F-1085 620/1,330 65.0×13.6×4.8 1981
F-1078 3,000/4,800 128.0×20.5×11.9 1980
F-1021 1,350/3,600 113.0×19.6×6.5 1974