ご挨拶

ご挨拶

人々の夢や希望を載せた船を造る

代表取締役社長
田中敬二

1990年代の日本は戦後末曾有の経済不況に見舞われ、重厚長大産業としての造船業界もまた、大きな痛手を被りました。

しかし、中国をはじめとするアジアの経済発展を迎え、我が福岡造船株式会社は長年培った技術力、開発力でケミカルタンカー・冷凍運搬船などの高付加価値船を多く手がけ、造船不況をいち早く脱出できました。

そして2004年には、我が社は福岡と長崎の二つの造船所の稼動により、世界中からの幅広いニーズに応えられるようになりました。

これから先も、1947年創業以来の「人々の夢や希望を載せた船を造る」喜びや誇りを胸に、技術力をさらに高め、新たな課題に果敢にチャレンジし、日本及び世界の発展に寄与する所存であります。

我が社の羅針盤は、いつも進むべき航路を指しています。